作る・体験する

さんがうらで行う農業体験やイベントなどを随時更新!

10月29日「柚子こしょう作りとそば打ち体験」開催しました

2017年 10月 29日 「柚子こしょう作りとそば打ち体験」

里山も色づき始めたこの時期、これまた旬の体験イベントを開催。
人気が高い「柚子こしょうつくり」に「そば打ち体験」をコラボ。

作りたての柚子こしょうを、十割そばにかけて食べる体験です。

当日は、台風が北上中(九州への上陸は無し。右側を通過していきました)
でしたが、開催前まではそよ風が心地よい晴天。
体験中は吹き返しのやや強い風が吹いていましたが、体験が終わるころには
晴れているという、これまた奇跡のような展開でした。

それにしても、作りたての物はやっぱりおいしいですね。
旬のものはやっぱり違います。また農産物も人気でした。
今後も楽しいコラボを考えていきたいと思います。



みなさん、本当にありがとうございました!!


まずは調理実習室で柚子こしょう作りです。

包丁とピューラーを使って柚子をむいていきます。

こちらは青こしょう(唐辛子)を加工中。

柚子とむかれた柚子の皮。皮のみ使います。

農産物の販売もありました。柚子、大根の漬物に茹で栗など。これが人気でした(゚∀゚)

そば打ち体験。指導は、うちの調理グループ「ならがわ」の那良さんです。

皆さん、ビックリする位上手に打たれていました!!

そばを均等に切って出来上がりです。
そばと、トッピングのかき揚げなどでお昼ごはん。
みんなで作りたての味に舌鼓を打ちました(^^)

≫ 続きを読む

2017/11/06   ブログ管理用

10月8日、「棚田オーナー」稲刈り、さんがうら稲刈り掛け干し体験を開催しました。

2017年 10月 8日 「棚田オーナー稲刈り掛け干し」
           「さんがうら稲刈り掛け干し体験」

日本の棚田百選「松谷棚田」
6月に植えた苗が育ち、刈り入れの時を迎えました。
途中、台風や長雨の被害に耐え忍びながら、立派に育った稲たち。
この日は、たくさんの人と一緒に収穫の喜びを分かち合いました。

棚田オーナー様、さんがうらイベントの参加者を始め、
今回は「くまもと農人プロジェクト」様からも多くの稲刈りボランティアが
球磨村、三ヶ浦に来られました。

地元住民のお手伝いや、球磨村棚田保存会の方々も合せて
総勢で90名以上の参加を頂き、大賑わいの中、稲刈り掛け干し体験が行われました。
天気は、10月とは思えないほど暑くなり(なんと、29度でした!!)
汗びっしょりになりながら、作業を行いました。

最初はぎこちなかった参加者の手さばきも、1時間も経ったころには
慣れてきて、グングン刈り取りスピードがアップ!!
皆さん、楽しんで体験されているのがわかりました。

お昼ごはんは体育館で、地元のお母さんたちが作った料理に舌鼓。
球磨郡あさぎり町出身の歌手、松山順さんが登場され楽曲披露もしてくださり、
楽しいお昼の時間を過ごすことができました!!


今年も無事に終わった日本の棚田百選「松谷棚田」の
棚田オーナー田植え~稲刈り、そしてさんがうらの田植え~稲刈りイベント。
棚田再生と景観保全に向けた取り組みを継続させることができました。
これも、この取り組みに直接的、または間接的に関わっていただいた
全ての方の力があってこそです。心よりお礼申し上げます。

さあ、しかし天日干し~脱穀が終わるまではまだまだこれからです!!
まずは、残った稲刈りと掛け干しを終わらせるべく、休む暇もなく作業です!!
おいしいお米ができるように、頑張っていきます!!



みなさん、本当にありがとうございました!!


暑くなりました!! なんと29度!! それでもたくさんの方々がご参加されました。

今回は、「くまもと農人プロジェクト」様からもボランティアで参加していただきました。

球磨村マスコットキャラクター「球磨太郎(くまんたろう)」登場。今日はやる気です。

稲刈り開始です。いや、本当に暑かったです。少し動くだけで汗びっしょりでした。

子供たちも一生懸命頑張りました!!

指導は、棚田保存会と地元の方々です。

倒れて刈りにくいところもありましたが、丁寧に作業をしておられました。。

小さい子供には少し大きい稲の束。でも頑張って刈り取りました。
公言通り、稲刈りくまんたろう。両胸に輝く白いものは、白米がモチーフ。そして帽子は棚田です。
掛け干しの様子。これが見られるようになると、秋になったという時間が湧きます。

掛け干しまでが終わり、お昼で作業終了。そしてお楽しみのお昼ごはんです。

体育館にて、地元のお母さんたちが作ったお弁当を食べました。大好評でした!!

 皆さん、本当にありがとうございました!! そしてお疲れ様でした!! 

≫ 続きを読む

2017/10/11   ブログ管理用

8月11日に夏祭りを開催しました

2017年 8月 11日 第6回 さんがうら夏祭り

今年で6回目を迎えた「さんがうら夏祭り」
三ヶ浦地区の夏祭りという事で、実行委員会を組織し準備を進めてきました。
昨年より、開催日を8月11日(山の日)に固定しての開催。

年々来場者も増え、賑わいを見せるようになったこの祭り。
昨年から始めた地域住民でのバザー、球磨村からも多くの出演者を招き
大いに賑わいました。

こがね保育園の「こがね太鼓」がオープニングセレモニー。
開会後は、球磨村の「ひょっとこ笑福会」のひょっとこ踊り
人吉ジュニア新体操クラブによる華麗な演技が来場者を魅了しました。
球磨村役場に努めている岡本佑也さんによる三味線演奏も好評でした。

参加型の「子供ラムネ早飲み大会」「ビールストロー早飲み大会」で盛り上がり、
カラオケではたくさんの出場者に加え、この日「さんがうら」にキャンプに来ていた
球磨郡錦町の錦西小学校6年生にも全員ステージに上がってもらって
歌を披露していただきました。良い交流が出来ました。ありがとうございました。

適所に踊りを入れて、盛り上げ、お楽しみの抽選会では番号を見ながら皆ドキドキ。
最後は、夏の夜に煌く50発の花火で幕を閉じました。

たくさんの方に来ていただき、そしてたくさんの地元の方にご協力いただき
無事に開催し、大盛況のうちに終わることができました。

来年も8月11日、山の日に開催します。
またいろんなことを行いたいと思っていますので楽しみにしてください!!



みなさん、本当にありがとうございました!!


バザー準備中。全て地域住民の方が出店されました。個性豊かな出店物となりました。

6時の開会まで、急ピッチで準備は進行。しかし、皆段取りが良く、うち以外は(^^;) スムーズに進行。

オープニングセレモニー。一勝地こがね保育園児による「こがね太鼓」です。

実行委員長より挨拶です。5分会体育協会長の槻木啓介さん。さんがうらの運営委員会長でもあります。

球磨村長の柳詰正治様にご来臨いただき、ご挨拶をしていただきました。

錦西小学校の保護者として来館されていた、熊本県議会議員の松田三郎様にもご挨拶いただきました。

地元三ヶ浦地区より選出の犬童勝則議員です。

球磨村ひょっとこ笑福会によるひょっとこ踊り。

人吉ジュニア新体操クラブは、若さ溢れる踊りで観衆を魅了しました。

子供ラムネ早飲み大会。2回行いましたが、どちらも熱戦でした!!

ビールストロー早飲み大会。これはきつい!! 総合司会の星原新一さんのトークも弾みます。

球磨村役場に勤務している岡本佑也さんによる三味線披露。おばあちゃんは誰もが知る名手です。

カラオケ大会は相変わらずの盛り上がりです。

熱唱中の様子。歌っているのはアメリカ橋です。

地元住民、役場職員、消防団、そして球磨村青年団と、みんなで盛り上げていただきました。

バザーでは、それぞれの団体が個性ある商品を売りに出していました。

ビールは相変わらず大人気ですね。何といっても生ビールですからね。

さんがうらにキャンプに来ていた錦西小学校の子供たちによるステージです。

この綿菓子のでかさ(゚Д゚;) 

踊りも出ました。そして最後は花火で大団円!!

≫ 続きを読む

2017/09/17   ブログ管理用

棚田オーナー田植え、開催しました!!

2017年 6月 18日 棚田オーナー田植え、さんがうら田植え体験

今年で3回目を迎えた、日本の棚田百選「松谷棚田」棚田オーナー

6月に入ってすぐに「梅雨入り」が発表されましたが、
雨が少なく、空梅雨の状態。ちょっと水不足が気になっていましたが、
そこは水が豊かな球磨村。しかも、みんなが協力して田んぼの水口の開け閉めを
調整しているので、大丈夫なのです。

当日も、晴れ。とてつもない晴天。
なんと、田植え体験の時に晴れたのは、4年ぶりくらいです。
参加者の皆さんにとっても、私たちにとっても嬉しい一日でした。

オーナーになっていただいたのは、北は北海道から南は鹿児島まで、20組。
その中で、遠くは東京や京都から田植えに20名の方が参加いただきました。
さんがうらの田植え体験参加者も含めると、30名近い体験の数です。

これに、地元農家や、棚田保存会、地元の少年野球チーム「球磨・F・ホークス」
からも多数ご参加いただき、総数で120名の田植え体験となりました。

真夏を感じさせる日差しに、時折吹く心地よい風。
皆の話し声、笑い声がこだまし、気持ちの良い汗を流しました。

昼食は、日差しが強いので体育館に移動。
地元の母ちゃんたちが作った料理に舌鼓を打ちました。

そしてこの田植えが終わって後、恵みの雨が降りました。
苗もシャンと立って、嬉しそうに風に揺られています。

今年もたくさんの方々に支えられて、棚田オーナーを
実施することができました。本当に感謝いたします。

この日、植えた苗の成長の様子は、ホームページ等でも
随時紹介していきますので、お楽しみにお待ちください。



みなさん、本当にありがとうございました!!


なんと、4年ぶりの晴れ!! 総勢120名、過去最高の人数での田植えです。

主催者挨拶の後、内布副村長が歓迎のあいさつをされました。

田植え綱を引いて植えていきます。今回はみんなで塊になってガンガン攻めていきました。

こちらは、毎年参加して頂いている「球磨・F・ホークス」の野球少年たちです。ありがとうございます!!

上と下から攻めていき、中間で合流。力を合わせて頑張りました。

会話を楽しみながら、気持ちの良い汗を流しました。やっぱり、晴れてるっていいですね!!

食事は、竹の皮で包んだおかずと、おにぎりです。地元のお母さんたちの家庭の味に舌鼓。

外は炎天下のため、体育館での食事。いろんな人との交流を楽しみました。

棚田の中腹部で記念撮影。皆さん、本当にありがとうございました!!

≫ 続きを読む

2017/07/06   ブログ管理用

3月12日 「そば打ち体験」開催しました!!

2017年 3月12日      そば打ち体験

3月イベント。さんがうらとしての今年度の自主事業はこれで終わり。
ラストを飾るのは昨年より取組を始め、体験化した「そば打ち体験」です。

熊本市の製粉会社より講師の方を迎え、本格的なそば打ち体験を行いました。
打ったそばは、さんがうらの藤棚下でおいしくいただきました。

自分で打ったそばは、もちろん美味しいです。
しかも、この時期ならではの「山菜の天ぷら」という、なんとも
贅沢なトッピングつき!! 贅沢なそばですね!!

参加した皆さんも、良い天気に恵まれて楽しまれていたようです。
春の恵みが体感でした、本当に楽しい一日でした。


みなさん、本当にありがとうございました!!


講師は、熊本市の椎葉明夫さん。体験前にいろんなお話をしていただきました。

まずは先生が実演してみせます。参加者も、スタッフも皆食い入るように見ています。

繊細な手さばきは、まるで芸術のようにそば粉をまとめていきます。

そして、体験は開始です。親子でチャレンジ!! 頑張って美味しいそばを作って食べましょう!!

手延べ棒を使って、少しづつ伸ばしていきます。厚さを見極めるのが難しいです。

丁寧にそばを切ります。そばは、引いて切るのではなく、押して切るのです。

外で準備していた釜で麺を茹でます。ここからは、さんがうら流の楽しみ方で!!

先生も、準備しながらいろんなコツを教えていただきました。

春の恵みをおいしくいただきました。できたてのそばに春の山菜天ぷらをトッピングです。

話も大盛り上がり。この光景は、TVでも放送されました。楽しかったです!!

≫ 続きを読む

2017/03/21   ブログ管理用

2月11~12日「そばかふぇ」「竹灯ろう」「学校給食の日」開催!!

2017年 2月11・12日   そばカフェ・棚田に灯す竹灯ろうの灯り
                  学校給食の日

2月11~12日は連続でイベントを開催しました。

2月11日はお昼時に「そばかふぇ」を開催、
夕方からは、今回で3回目となる「松谷棚田 竹灯ろうの夕べ」を開催しました。
朝は雪が積もっていて「これはどうか!?」と思ったのですが、
お昼過ぎにはすっかり溶けてしまい、無事に催行することができました。

今年は11日が上弦の月でしたので、途中から月の灯りが差してきて
前回までとはまた違った趣があったと思います。

翌日の12日は、学校給食の日を2年連続で開催しました。
「揚げパン」に「カレーうどん」など、懐かしのメニューを復刻。
たくさんの方が来館され、その味を楽しいんでおられました。

お昼からは、「人吉球磨はひなまつり」に合わせた
「くまむらのひなまつり」のイベントの一つとして、
さげもんなどを作り、プラ板キーホルダー作りも行いました。


とても忙しかったけれども、お客様のたくさんの笑顔で
疲れも吹っ飛んでいった2日間でした。また来年もやります~


みなさん、本当にありがとうございました!!


そばカフェ。今年度では3回目の開催となりました。

棚田展望所も準備バッチリですね。

運営委員会とボランティアの方々で竹灯籠に火を灯していきました。

棚田の道沿いに次々と灯されていきます。棚田アートとしての竹灯籠に挑戦です。

学校給食の日では、懐かしいメニューを復刻。昭和40~50年代の、涙が出るほどの懐かしさです!!

その味に、昔を思い出してあの頃の話に花が咲いていました。学校給食は青春の味ですね。

11日の午前7時頃の「松谷棚田」 雪化粧。美しいのですが、開催できるのか少し不安でした。

松谷棚田の竹灯籠。写真ではわかりにくいですが、現地で見ると、圧巻ですよ~

≫ 続きを読む

2017/03/21   ブログ管理用

1月29日(日)「味噌作り体験」でした。

2017年 1月 29日   味噌作り体験

2017年、平成29年の体験イベント第1回目は
毎年大人気の体験「味噌作り体験」です。

講師に、球磨村農産加工グループ「あじさい」の方を迎え、
昔ながらの作り方で味噌作りを体験しました。

かつては、どの家庭でも手作りの味噌がありましたが、
時代の流れにより、作る人も少なくなりました。

臼と杵を使う、昔のやりかたでの体験に皆さんも楽しそうでした。
「あじさい」の方からは、上手く熟成させるコツなど教えてもらいながら
みんなで味噌作りを楽しみました。

この味噌が、本当においしくて、
ぜひ皆さんにも食べてもらいたいくらいの絶品の味なのです。

熟成するのに3ヶ月。待ち遠しいですね。
きっとおいしい味噌が出来て、食卓に新しい味が加わることでしょう。


みなさん、本当にありがとうございました!!


今年最初の体験イベントでした。人吉球磨や県内から16名の方が参加されました。

球磨村農産加工グループ「あじさい」の方に講師に来ていただきました。

味噌作りに使うのは麦麹です。

雨模様でしたので、室内での作業でした。

屋外(ピロティ)では臼と杵を使っての作業です。

出来た味噌は袋に入れて、3kgお持ち帰りです。

室内には良い匂いが漂っていました。

昼食は、田舎料理の数々でした。

≫ 続きを読む

2017/01/31   ブログ管理用

12月23日 さんがうら収穫祭

2016年 12月 23日~収穫祭~ XMASリース・ミニ門松作り・餅つき

3週連続イベントの第2回目。
さんがうら収穫祭です。英語で harvest festival !!
そんな副題をつけてやった年もありましたが、
今年は素直に、「クリスマスリース・ミニ門松作り・もちつき体験」です。

お正月準備体験の第2弾ですが、当日はあいにくの雨に見舞われ、
餅つきや門松作りの場所を室内に変更して体験を行いました。

しかしながら、皆さん元気に笑顔で賑やかで楽しんでいました!!
そんな参加者の皆さんと一緒に大いに楽しみました。

出来上がったものを手に大満足の皆さん。
これでクリスマスと年始はばっちりですね。

あとは、年越しそばの準備のみ!!

次は29日(木曜日)の「年越しそば打ち」!! ラストスパートです!!


みなさん、本当にありがとうございました!!


餅つきの準備ができるまでの間に、クリスマスリースを少しだけ作りました。

餅つきも雨の影響で、通路を使って体験しました。でも皆さん楽しまれていたようで良かったです。

もちをこねて丸くします。この丸くする作業、慣れていないと、中々難しいんです。

これは黄な粉餅です。みんなで試食しましたが、ほどよい甘みで、とてもおいしかったです。

リース作りの材料は前の日に山に採りに行きました。これで揃うところが田舎の良いところですね。

ハサミで素材をカットし、飾り付けしました。おっ、ご機嫌ですね~

オリジナルのリースが出来上がり。クリスマスに間に合いましたね。

そしてミニ門松作りです。こちらも材料は山の中で採取したものばかりです。

松、南天、熊笹などで飾り付けしました。

出来上がりです!! 良いお正月をお迎えください!!

≫ 続きを読む

2017/01/12   ブログ管理用

12月18日 そば打ち体験としめ縄作り体験

12月の3週連続イベントの第1弾です。
昨年まで収穫祭の一部として人気だった「しめ縄作り」
時間がかかるこの体験を分離し、さんがうらの新イベントと結びつけました。

そば打ち、ジビエBBQという、さんがうららしい野趣あふれる流れ。
そして午後からは、地元の方が先生となってしめ縄作りを教えてくれました。

天気にも恵まれ、素晴らしい1日となりました。



皆さん、本当にありがとうございました!!



さんがうらそば道場。いざ開幕です。

中々繊細な作業が続きます。

外で昼食。かき揚げのせたそばに羽釜ご飯。

ジビエを中心としたBBQで昼食です。

しめ縄作り。藁すきから体験しました。

力のいる作業もみんなで行いました!!

≫ 続きを読む

2017/01/12   ブログ管理用

10月9日 松谷棚田 稲刈り掛け干し体験

2016年 10月 9日 日本の棚田百選「松谷棚田」稲刈り・掛け干し

日本の棚田百選である「松谷棚田」

今年は暑い日が続いたので、生育も良く、稲も大きく育ちました。
また、3回の台風の脅威に晒され、横なぎにされたものもありますが、
地面に着くことなく踏ん張って耐えてくれました。

棚田のオーナー様に加え、球磨村が主催の「球磨村移住体験モニターツアー」
に参加されていた皆様、そしてさんがうらの体験イベントの参加者の皆さんも
一緒になって、田舎の風物詩を楽しみました。

球磨村棚田保存会の皆さんや地元より来ていただいた方も含めて
90名近くで賑わったイベントとなりました。
また、当日の朝は雨でしたが、体験時にはあがり、
なんと、お昼前には見事な青空が広がりました。

お昼ごはんも地元食材をふんだんに使ったものでお腹いっぱいになりました。

今年で2回目の「棚田オーナー」の稲刈り掛け干し。
昨年にも増して賑わいを見せたイベントとなりました。
棚田オーナー様、移住体験モニターツアーの皆様、そして体験の皆様、
熊本県立大学Kumajectの学生さん、それぞれに新たな交流もあり
大変楽しいひと時であったようです。

地元の皆さんも稲刈りをしながらいろんな話をしたり、
交流を楽しんでおられたようでした。

本当に素晴らしい一日となりました。


みなさん、本当にありがとうございました!!


今年も沢山の方がオーナーとして、松谷棚田の再生に携わってもらいました。

球磨村のマスコットキャラクター「球磨太郎(くまんたろう)」も元気にお出迎えしました。

棚田保存会の方が、丁寧に稲刈り・掛け干しの方法を教えてくれました。

稲の縛り方など、実践しながら説明。かかしも見守りました。

向かいに見える毎床集落。この頃は雨もすっかり上がり青空が見えるようになりました。

みんなで協力して作業中。一枚一枚は狭く見えても、実際に作業すると意外と広く感じることも。

親子で稲刈り。うまく刈れたかな?
稲を結束させるのも一仕事なんです。

こちらも親子で稲刈りの様子。頑張れ~

竿をかけて掛け干しします。

上から見てみました。何か新鮮です!!

このまま約10日間くらい干します。

この作業時には、なんだかホッとしますね。何かこう「今年もやったぞ!!」という気持ちになるのです。

体育館で昼食。楽しく話をしながら、いろんな田舎の味を楽しみました。

 今回も沢山の方に来ていただきました。本当にありがとうございました!!

≫ 続きを読む

2016/11/08   ブログ管理用
お気軽にお問い合わせ下さい

TEL 0966-32-0443

受付時間:平日
10:00〜18:00

FAX 0966-32-0443

受付時間
24時間受付