作る・体験する

ならがわ

11月24日「秋の味覚満喫体験」

2018年 11月 24日「秋の味覚満喫体験(こんにゃく作りとそば打ち)」

採れたてのこんにゃく芋と今年収穫した秋そばの新そば粉を使って、
「秋の味覚」を存分に楽しもうという体験です。

特に、そばの栽培は松谷棚田の遊休地対策として4年前から取り組み始めました。
農地保全はもちろん、農山村の現状や食育といった面でも広く展開していき、
棚田の維持・次世代への継承につなげていければと思います。

当日は良い天気で、球磨郡・人吉市はもちろん、熊本市など広い地域から参加者があり、
東海大学からもご参加をいただきました。

自分で打ったそばを食べ、こんにゃくも出来上がったら試食しました。
さんがうらで作った柚子こしょうに、新そば粉で作ったそばかりんとうなど、
秋の味覚を楽しんだ一日となりました。


みなさん、本当にありがとうございました!!


研修室にて開会。日が差し込むうららかな天気でした。今年の冬は暖かいですね。

こんにゃく作りの様子です。芋を洗って皮をむくところから体験です。

東海大学の学生さんたちも参加されました。

そば打ち。待望の新そば粉を使っての体験です。

湿度や気温で水の分量が微妙に変わるため、部屋の中に光が差さないようにしています。

そばを切りますす。少しコツが必要ですが、慣れたら面白いように早く切れます。

今回は十割でそばを打ちました。さて自ら打ったそばの味はいかがだったでしょうか。

食堂の様子。体験も終わり、まったり中です。あとは食すのみ!!

そばかりんとう。最近は定期的に物産館かわせみに出しています。おいしいですよ~。

こんにゃくもよく出来上がりました。形の悪いものもありましたが、味は美味しかったですよ!!

≫ 続きを読む

2018/12/05   ブログ管理用

6月10日(日)棚田オーナー田植え、さんがうら田植え体験

2018年 6月 10日 「棚田オーナー田植え・さんがうら田植え体験」

今年で4回目となる「棚田オーナー田植え」
日本の棚田百選「松谷棚田」のお米作りのオーナー様と、田植え体験の方
球磨村棚田保存会、地元住民、さんがうら運営委員会など
球磨村挙げての一大イベントです。
今年は「くまむら地域再生協議会」も一緒になって活動しています。

当日は天気予報では降水確率80%の予報でしたが、
なんと、曇り空から時折青空が顔を覗かせるという絶好の天気に。
総勢140名以上の田植えとなり、棚田は大賑わいでした。
1時間30分を予定していたのですが、皆さんの頑張りで1時間ほどで
田植えは終了しました。この間雨降りませんでした。良かったです。

昼食は、さんがうらのグラウンドに新設された
「屋外炊飯等交流体験施設」でオーナーの皆さん、体験参加者の皆さんと
交流を行いました。その最中に雨が降り出しましたが、屋根付きの施設なので安心。

農村の一大イベントは、大盛況のうちに終了しました。
これからおいしいお米ができるように頑張っていきます。
稲刈りの予定日は、成長具合にもよりますが、10月7日(日曜日)を予定しています。

黄金の稲穂が揺れる季節が待ち遠しいですね。



みなさん、本当にありがとうございました!!


今年も村挙げての一大イベントがやってきました。第4回目となる「棚田オーナー」田植え体験です。

球磨村のマスコットキャラクター「球磨太郎(くまんたろう)」君も応援に駆けつけてくれました。

開会式の様子です。

主催者挨拶。運営委員会会長の槻木啓介さん。

球磨村長の柳詰正治様より歓迎の挨拶がありました。

棚田へ向かう前にみんなで記念写真撮影です。

先人たちが切り開いた水田。今年も皆さんのおかげでお米を作ることができます。

地元球磨村の少年野球チーム「球磨・F・ホークス」の子供たち。大活躍でした。

昔ながらの田植え。田植え綱の後ろに一列に並んで丁寧に植えていきます。

3つほどを束から取って植えます。機械なら簡単ですが、手作業はやはり大変ですね。

きれいに植えられていますね~。

子供も大人も頑張りました!!

棚田の一番上付近の様子です。ここまでくると眺めがいいですね~。

降水確率80%をかわし切った体験。総勢140名の素晴らしい体験でした!!

集合写真のアップです。 みなさんありがとうございました!! 

≫ 続きを読む

2018/09/09   ブログ管理用

1月28日「味噌作りとそば打ち体験」開催しました。

2018年 1月 28日 「味噌作りとそば打ち体験」

昔から伝えられている伝統の家庭の味。「味噌」
「MISO」といえば世界でも通用する日本の味です。

「味噌作り体験」さんがうらでも大人気のこのイベントを
「そば打ち体験」とコラボして開催しました。

当日は、私たちにもなぜだかわからない予想外の積雪でした。
さんがうらへの道すがら、吹き溜まりの所で15㎝近くありましたが、
その他通常の道は雪もなく安全で、ゆっくりと運転していれば大丈夫という状況。

しかし、慣れていない人には……、と不安でした。

積雪の多かった地域からの参加希望者や、タイヤの関係で断念された方の
キャンセルがありましたが、皆さまの想いたるや物凄く、
予定15名の定員をオーバーする18名の方に参加いただきました。
おかげさまをもちまして無事開催できたこと、本当に嬉しく思います。

体験も終始賑やかで、笑顔いっぱいの一日となりました。
お昼過ぎには雪もほぼ融けてしまい、帰りも一安心。

雪や寒さ、体験が無事に終わったことよりも、
とにかく参加者の皆さんの熱気に圧倒された一日となりました。


みなさん、本当にありがとうございました!!


雪にも関わらず、こんなにたくさんの参加者が!! 本当にびっくりです!!

指導は、さんがうらの調理・加工グループ「ならがわ」のスタッフです。

臼と杵を使い、大豆をつぶしている様子です。結構力が必要です。

麦麹・塩を混ぜて丁寧に練っていきます。3ヶ月したらおいしい味噌の完成です。

そしてそば打ち体験へ。11時40分頃。もう外の雪はほとんど融けていますね。

こねていく作業では、交代しながらの体験。ここが一番難しいところです。

食事の様子。自分で打ったそばを食べるのは何よりも美味しく感じますよね。

皆さんの熱い思いで、無事に開催できたこのイベント。本当にありがとうございました。

≫ 続きを読む

2018/01/31   ブログ管理用

1月14日「どんどや」「レストランならがわ」開催しました!!

2018年 1月 14日  どんどや・レストランならがわ

2018年(平成30年)になって最初のイベントです!!
「どんどや」そして「レストランならがわ」

例年行っている「どんどや」に、初開催の「レストランならがわ」
地域住民はもちろん、多くの方々の新年の交流の場としての「どんどや」
正月用品やお餅を持ち寄り、1年間の無病息災と五穀豊穣を祈願しました。
地域の方々のご協力、球磨村消防団第五分団のみなさんのお手伝いと見守りもあり、
安心してこの新年の行事を進めることができました。


また、「レストランならがわ」は、さんがうら産の新そばと、
球磨村産のヤマメを使った特別料理でレストランを臨時開店しました。
こちらは予約制でしたが、当日飛込の方もおられ、約2時間で60名以上の
お客様に来ていただき、大賑わいでした。

年始のイベントでたくさんの人々との交流があり、
とても楽しい1日を過ごすことができました。

この1年が皆さまにとって素晴らしい年でありますように願います。
今年も、田舎の体験交流館さんがうら、頑張って参りますので
何卒宜しくお願いいたします!!



みなさん、本当にありがとうございました!!


櫓。今年は最も頑丈な櫓が出来上がりました。風の影響を考慮して、竹はこのスタイルで。

始まるまでの時間、あまりに寒いので皆でたき火でのそばで温まっていました。

11時に櫓へ点火しました。今年の年男による、たいまつでの点火です。

勢いよく燃え上がり始めた炎。正月用品を入れて、無病息災を願いました。

 
天気は快晴。地区住民や参加者の交流。ぜんざいの振る舞いもありました。
 
火の警護には、地元の球磨村消防団第五分団の皆さんが駆けつけてくれました。頼りになります!!
 
レストランならがわの様子。開始の11時から、たくさんの人に来ていただきました。
 
2時間ちょっとで、なんと60名を超える方々に来ていただきました!!

≫ 続きを読む

2018/01/15   ブログ管理用
お気軽にお問い合わせ下さい

TEL 0966-32-0443

受付時間:平日
10:00〜18:00

FAX 0966-32-0443

受付時間
24時間受付