作る・体験する

12月21日(土)「お正月セット作り」体験 開催しました!!

2019年 12月 21日「お正月セット作り」体験

さんがうらが開設時からずっと開催しているこの体験イベント。
地域の方と一緒に、しめ縄やミニ門松を作る体験です。

自分で作ったもので迎えるお正月。考えるとわくわくしますね。
前日までに何回も準備を行い、待ちに待ったこの日。
田植え・稲刈りと並ぶ都市農村交流イベントです。

天気予報が雨でしたが、体験の間は持ってくれました。
力を合わせて作る、大きくて力強いしめ縄。
コンパクトでありながら、華やかさを持つミニ門松。
そして臼と杵を使って突いた、あつあつののお餅。

松や梅、南天、ミカン、ウラジロなどを使って思い思いに飾りつけ。
楽しいおしゃべりをしながらお正月を迎える準備をしました。

きっと皆さん、良いお年を迎えられることと思います。

この体験が終わると、年末という実感がわいてきます。
今年もたくさんのことがあったなぁ、としみじみし感じたいところですが、
まだ大切なイベントがあと一つ残っています。

そうです、12月30日の「年越し用」そば打ち体験、です!!

今日は、お正月を迎えるための体験。
そして今度は、年を越すためのそばを打つ体験。

この二つで、一年の締めを行います。
今年の締めくくりを笑顔で迎えるため、頑張ります!!


みなさん、本当にありがとうございました!!


松に地区の方々と共催。この日のために事前準備から一緒に行いました。

餅つきの準備は地区の女性部。たのもしい父ちゃん、母ちゃんたちです!!

開会。薪をくべた暖炉の周りで暖まりながら元気に体験を開始しました。

しめ縄用のわらをすぐって、きれいに束ねていきます。均一にしないと太さがきれいになりません。

このように、たばねたわらを吊るして結っていきます。3人で結って1人が引っ張る。4人がかりです。

かなり力がいる作業ですが、慣れてきたのかスムーズに結っていました。

飾りも作りました。これを出来あがったしめ縄に飾りつけします。

出来上がり!! 1メートルをゆうに超える立派なしめ縄の完成です。

こちらはミニ門松作り。竹を3つ使います。角度・高さを思い思いに決めて竹を切りました。

このタイプは、両脇におけるように対で作ります。これを合わせるため慎重に作ります。

飾りつけが終わったら、縄で中央を締めます。ここで結ぶのが男結びという結び方です。

立派な門松です。手作りのものは思いがこもっていて本当にいいですね!!

実は、もうひとつこのパターンもありました。これは室内に飾ることが出来るタイプですね。

もちつき。臼と杵を使った昔ながらの餅つき。今ではほとんど見られなくなった懐かしい光景です。

あつあつの餅を丸めていきます。この作業はご婦人方の得意分野ですね!!

みんなで囲む食事は最高です。楽しいおしゃべりで、美味しいご飯を堪能しました。
2019/12/23   ブログ管理用

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください
お気軽にお問い合わせ下さい

TEL 0966-32-0443

受付時間:平日
10:00〜18:00

FAX 0966-32-0443

受付時間
24時間受付