作る・体験する

10月8日、「棚田オーナー」稲刈り、さんがうら稲刈り掛け干し体験を開催しました。

2017年 10月 8日 「棚田オーナー稲刈り掛け干し」
           「さんがうら稲刈り掛け干し体験」

日本の棚田百選「松谷棚田」
6月に植えた苗が育ち、刈り入れの時を迎えました。
途中、台風や長雨の被害に耐え忍びながら、立派に育った稲たち。
この日は、たくさんの人と一緒に収穫の喜びを分かち合いました。

棚田オーナー様、さんがうらイベントの参加者を始め、
今回は「くまもと農人プロジェクト」様からも多くの稲刈りボランティアが
球磨村、三ヶ浦に来られました。

地元住民のお手伝いや、球磨村棚田保存会の方々も合せて
総勢で90名以上の参加を頂き、大賑わいの中、稲刈り掛け干し体験が行われました。
天気は、10月とは思えないほど暑くなり(なんと、29度でした!!)
汗びっしょりになりながら、作業を行いました。

最初はぎこちなかった参加者の手さばきも、1時間も経ったころには
慣れてきて、グングン刈り取りスピードがアップ!!
皆さん、楽しんで体験されているのがわかりました。

お昼ごはんは体育館で、地元のお母さんたちが作った料理に舌鼓。
球磨郡あさぎり町出身の歌手、松山順さんが登場され楽曲披露もしてくださり、
楽しいお昼の時間を過ごすことができました!!


今年も無事に終わった日本の棚田百選「松谷棚田」の
棚田オーナー田植え~稲刈り、そしてさんがうらの田植え~稲刈りイベント。
棚田再生と景観保全に向けた取り組みを継続させることができました。
これも、この取り組みに直接的、または間接的に関わっていただいた
全ての方の力があってこそです。心よりお礼申し上げます。

さあ、しかし天日干し~脱穀が終わるまではまだまだこれからです!!
まずは、残った稲刈りと掛け干しを終わらせるべく、休む暇もなく作業です!!
おいしいお米ができるように、頑張っていきます!!



みなさん、本当にありがとうございました!!


暑くなりました!! なんと29度!! それでもたくさんの方々がご参加されました。

今回は、「くまもと農人プロジェクト」様からもボランティアで参加していただきました。

球磨村マスコットキャラクター「球磨太郎(くまんたろう)」登場。今日はやる気です。

稲刈り開始です。いや、本当に暑かったです。少し動くだけで汗びっしょりでした。

子供たちも一生懸命頑張りました!!

指導は、棚田保存会と地元の方々です。

倒れて刈りにくいところもありましたが、丁寧に作業をしておられました。。

小さい子供には少し大きい稲の束。でも頑張って刈り取りました。
公言通り、稲刈りくまんたろう。両胸に輝く白いものは、白米がモチーフ。そして帽子は棚田です。
掛け干しの様子。これが見られるようになると、秋になったという時間が湧きます。

掛け干しまでが終わり、お昼で作業終了。そしてお楽しみのお昼ごはんです。

体育館にて、地元のお母さんたちが作ったお弁当を食べました。大好評でした!!

 皆さん、本当にありがとうございました!! そしてお疲れ様でした!! 
2017/10/11   ブログ管理用

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください
お気軽にお問い合わせ下さい

TEL 0966-32-0443

受付時間:平日
10:00〜18:00

FAX 0966-32-0443

受付時間
24時間受付